読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ATPタイムズ

プロテニスについて記載しています。

イワン・レンドル組3回戦

ジョコビッチ(2勝) VS  ゴフィン

モンフィスの棄権により、補欠第一となっていた

ゴフィンがジョコビッチと対決。会場には来ていて

準備もしていたのでしょうが、2試合をこなした

好調ジョコビッチと一発目で試合はさすがに厳しかった模様。

でもこの補欠制度ですが、仮に2勝のジョコビッチ

アクシデントで棄権した場合どうなるんでしょうね。

やはり補欠を抜いて時点の二人がトーナメントかな。

ジョコビッチ 2-0 ゴフィン

ゴフィンには来年是非8人の一人としての参加が期待されます。

 

ラオニッチ VS ティエム

勝ったほうが決勝トーナメント進出の一戦。

ラオニッチがジョコビッチ戦の時の好調を維持。サーブで圧倒し

ブレイクされる気配を見せません。しかしティエムも苦しみながら

もキープしブレイクを許さずタイブレーク。一時ティエムが

2点のリードを取ったりましたが、そこを追いつかれたのが

痛かったです。結局サーブでとどめをさされ第1セットをティエム

は失いました。

第2セットもティエムはいきなり苦しい展開。第1ゲームをブレイクされ

窮地に立たされます。しかしティエムは最後まであきらめず、粘り強く

戦い見ごたえのあるゲームとなりました。最後は力尽き

ラオニッチ  2-0 ティエム

 

ここでイワン・レンドル組のすべての試合が終わりました。

結果

ジョコビッチ 3勝

ラオニッチ  2勝1敗

ティエム   1勝2敗

モンフィス  2敗

ゴフィン   1敗

となり

ジョコビッチが1位通過、ラオニッチが2位通過となりました。

不調や怪我の心配のされる組でしたが、順当な結果となりましたね。