読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ATPタイムズ

プロテニスについて記載しています。

ジョン・マッケンロー組3回戦

マレー(2勝)VS  ワウリンカ(1勝1敗)

第1セット、序盤は強いワウリンカでした。

強打で粘りを見せるマレーから得点を重ねました。

一方のマレーもサービスキープはしっかり行い、

今試合では特にネットプレーが光りました。

第7ゲームにマレーがブレイクを奪うとその後

激しい攻防がありましたが結局どちらもキープし

マレーが第1セットをとりました。

第2セットに入り、自身のトーナメント進出が潰えたからか

ワウリンカは第1セット程の勢いがなくなり、このまま

マレーが全勝で予選ラウンドを終えました。

マレー 2-0 ワウリンカ

 

マレー・ワウリンカ戦の結果を受けて

錦織の2位通過、チリッチの敗退が決まってからの試合

第1セットは今大会の勢いがそのまま反映されたような

形になりました。ブレイクを2つとった錦織が第1セットを奪取。

このまま錦織がストレートで勝つかと思われた第2セット、

急に錦織のミスが目立つようになります。足も中々ついてきてない

ような感じになり、マレーの時のようにバックを回り込むことも

極端に少なくなりました。

マレーとの試合の余波か、はたまた次の試合のことが頭によぎり

少しセーブしてしまったか錦織は勢いがなくなり、

一方チリッチはこれが最後の試合ということで思い切りよく

プレー出来たのかもしれません。第2セット、第3セットは

結果がひっくり返りチリッチの逆転勝利となりました。

チリッチ 2-1 錦織

 

ジョン・マッケンロー組は下記の結果となりました。

マレー   3勝

錦織    1勝2敗

ワウリンカ 1勝2敗

チリッチ  1勝2敗

(1勝2敗で3人が並んだが、セット数で錦織が勝ち抜け)

 

予選が終了し、決勝トーナメントは下記の対戦となりました。

マレー VS ラオニッチ

ジョコビッチ VS 錦織

ちょうど二人の王者に、現時点で一番強い挑戦者二人が

挑む形となりました。予選を見るにやはり王者二人に分がある

ように思われますが、挑戦者がどのように対抗していくのか、

どちらの試合も来年の構図を占う大一番となりそうです。