読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ATPタイムズ

プロテニスについて記載しています。

ATPワールドツアー・ファイナルズ 準決勝

マレー VS ラオニッチ

この大会前、ラオニッチは怪我の状態が不安視

されており本命視はあまりされていませんでした。

第1セットラオニッチは自身の武器であるサーブが好調。

サーブだけで取ったゲームもあり、ブレイクされる気配

がありませんでした。マレーはブレイクのピンチはあるものの

ブレイクポイントは簡単には渡しません。しかし第11ゲーム、

マレーにミスが出て遂にラオニッチがブレイク、そのまま第1セット

を奪取します。

第2セットに入り、第3ゲームをブレイクしたラオニッチがこのまま

押し切れるかと思いきや、次のゲームをマレーが早々と返し、振り出し。

第1セットでは一撃で決めていラオニッチのショットですが、やや鈍ったか

又はマレーが速度になれ追いつけるようになったのか、ショットを打ち

前に出てもマレーが難しいコースに返すのでそれが失点に繋がってしまいます。

このセットはタイブレークまで行き、最後はネットプレーで力を見せた

マレーが取り返します。

そして第3セット、両者素晴らしい攻防を見せます。第9ゲームを先に

マレーがブレイクした際にはこれは決まりかと思われましたが、

ラオニッチも次のゲームをブレイクで取り返しました。このゲームを

見るにラオニッチはジョコビッチ、マレーの持っている負けないための

底力を得てきているように見えました。

そしてこのセットもタイブレーク。それは死闘でした。どちらが勝つか

最後まで読めない白熱した展開。最後の最後はラオニッチがネットに

ボールをかけマレーが決勝へと駒を進めました。

マレー 2-1 ラオニッチ

 

ジョコビッチ VS 錦織

前日のチリッチ戦第2セットから糸が切れたように勢いがなくなってしまった

錦織、今日はいかに立ち直れるかが鍵でしたが、やはり新たに勢いを

つけるのは難しかったようです。まして相手はジョコビッチで、隙を与えて

くれませんでした。前回ラリーでマレーは押し込んでいたのが、今回は

ラリーでジョコビッチに押されてしまっていました。打開できぬまま試合が

どんどん進み、結果ジョコビッチが圧勝して決勝に進みました。

ジョコビッチ 2-0 錦織

 

決勝は ジョコビッチ VS マレー となりました。

年間一位がかかる最後の大一番です。

ずっと一位二位の二人ですが今期はここまでジョコビッチ3勝マレー1勝の

計4戦しかしていません。一番最近が6月の全仏オープンで、ジョコビッチ

念願のキャリア・グランドスラムを達成して以来になります。

つまりマレーがポイントで追いつき追い越した間は対戦がありません。

本当にマレーがジョコビッチに力で追いつき追い越したのか、

それともたまたま空席の一位に少し座っただけのなのか

一試合ですべて決まるというのは違うかもしれませんが

それだけ本当に色々な事を考えられる試合となります。

マレーは準決勝フルセット、ほぼフルゲームを戦ったのに対し

ジョコビッチはほぼ一時間終わらせているのでここがどう影響

するかもありますが、試合はマレーが先に行っているので影響なく

二人の全力全開が見られるのを祈るばかりです。

今期の最終戦に相応しい決勝戦、注目です。