読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ATPタイムズ

プロテニスについて記載しています。

全豪オープンドロー

全豪オープンのドローが発表されました。

3月から本格的に始まるグランドスラム、マスターズの中で

唯一離れてあるこの大会、各組の注目選手を出してみました。

 

第1シード組

アンディ・マレー

トマーシュ・ベルディヒ

ロジャー・フェデラー

錦織圭

 

やはり注目は復帰したフェデラーでしょう。

元最強がどこまで力を戻しているか、それ次第でこのブロックは荒れる可能性が

あります。ベルディヒが順調だったとしてそこまで行けるか、

どういった試合になるか。

ただメインはやはりマレーと錦織でしょう。

マスターズでは錦織がマレーを追い詰めただけに仕上がり次第では、

錦織の勝ち上がりも十分な可能性があるでしょう。

ただ怪我の具合が気になるところ。

マレーも一位になった今年はグランドスラムを一つでも多く制覇

したいところ。

 

第2シード組

スタン・ワウリンカ

ニック・キリオス

マリン・チリッチ

 

ワウリンカの出来栄えがものをいうこの組、

ある意味突破のパーセンテージで言えば一番可能性が

高そうでここのブロックが楽に見えるかもしれません。

ただワウリンカが絶好調であればそれこそご愁傷なブロックですが・・・

ここで注目はキリオス。若手の中で力のある彼が地元のこの大会で弾み

をつけられるか楽しみなところ。

少し因縁のあるワウリンカと対戦したらどのようになるか気になるところ。

そしてチリッチ、次世代グループでリードするためにもベスト4を

なんとしても目指したいところでしょう。

 

第3シード組

ガエル・モンフィス

ラファエル・ナダル

ミロシュ・ラオニッチ

 

このブロックはモンフィスとナダルの出来がどうか、でしょう。

モンフィスは昨年末から少し調子落としてきているので

順当に勝ち上がれるか、ナダルフェデラーと同じく、全盛期に

どこまで近づけられるかが焦点です。

そしてラオニッチとしてはトップ二人に肉薄するため

ベスト4は最低条件、初のグランドスラム優勝に向けて

自分との戦いとなるでしょう。

彼にとっては非常にいい組合わせになったと思います。

(特に錦織やディミトロフと比べると・・・)

 

第4シード組

ドミニク・ティエム

ダビド・ゴフィン

グリゴール・ディミトロフ

ノバク・ジョコビッチ

 

まずティエムとゴフィン。どちらも出世頭として

なんとか今年抜け出していきたい両者がしっかり

勝ち上がり、ぶつかるかどうか。

そして今年最初の大会でラオニッチ、錦織を破って

優勝して存在をアピールしたディミトロフですが

早々にジョコビッチにあたる最悪なドローを引いてしまいました。

果たしてどこまで通用するか、あるいは大番狂わせを演じることが

出来るか、ですね。片やジョコビッチは見慣れない第2シードの

位置ですが、今年初戦でもマレーを破り優勝。その貫禄はまだまだ

衰えをしりません。アクシデントがない限りやはり優勝候補筆頭だと思います。

 

今年最初の大舞台、どうなるか非常に楽しみです。