読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ATPタイムズ

プロテニスについて記載しています。

ATPワールドツアー・ファイナルズ 決勝

 マレー VS ジョコビッチ

 

フルセットを戦い抜いたマレーと準決勝をすんなり終わらせた

ジョコビッチジョコビッチ有利と思われた今回の決勝では

二つの誤算があった。

一つはジョコビッチの不調。本来はラリーでジョコビッチ

ラリーで攻め、マレーが凌ぎ、隙をついて点をとるという

展開が考えられていたが、序盤こそ万全かと思われるようなプレー

だったが、徐々にミスが増え始めた。準決勝で倒した錦織のように。

もしかしたら準決勝で圧勝しすぎたのが逆に何か悪い影響があった

のかもしれない。そんなことを言っていたらきりがないが。

そして誤算のもう一つはマレーが疲れているということ。そして

今日の試合に賭ける思いだった。ジョコビッチがいなかったからの一位、

負けたらそう思われるというようなネガティブな考えはもっていなかった。

夢の年間一位を地元の大観衆の前でとってやるというプラスの、強い気持ちしか

なかった。それがこの素晴らしい結果を生んだのだろう。

マレー 2-1 ジョコビッチ

おめでとう、アンディ・マレー。今年の主役は疑うことなくあなたでした。